夏ディズニーを快適に過ごすために持参すべき物とは!? もちがおすすめするベスト8☆

こんにちは! もちです( ˘ω˘)

今日は夏ディズニーを快適に過ごすためにあった方が便利なものをご紹介します!(^^ゞ

スポンサーリンク

真夏の過酷なディズニーを楽しむために! これはあったほうがいいものベスト8

今年は異様な猛暑日が続いていますね(^_^;)

夏のディズニーは炎天下の下ということもあり、事前にしっかり対策していないと熱中症で気分が悪くなったりしてしまう可能性も十分あります!

そこでもちがおすすめする真夏のディズニーであったほうが良いものとは!?(・∀・)

①日傘

ショーやパレード待ちの時はあるとないとじゃ大違い! 35度以上ある日も最近は多いので、コンパクトな折りたたみ日傘があると便利です(^^) パークでも売っていますがお値段は4000円前後します。

②帽子

ショーが始まると日傘は閉じるようにキャストさんが案内しているので、ショー中の対策として帽子があると良いです☆ 立ち見では傘を閉じるように言われないので日傘をさしたままショーを見ている人たちがいますが、たくさんの人がいろいろな場所からショーを見ています。後ろの人が見えないので、なるべく日傘は閉じるようにしましょう(・ω・)/

あと、パークを歩く際は帽子のほうが楽です。両手が自由になるし、様々な方向から人とすれ違うので危ないという面からも帽子をおすすめします! こちらもいろんなデザインの帽子がパークで購入可能です。

③携帯クッション

ショーを待ちをするときに地面に座って場所取りをすることが多いディズニーですが、真夏のアスファルトは火傷するくらい熱いです。もちは昔、アスファルトとベンチでショー待ちをしたら熱くて座っていられなかったです(-_-;)

なので折りたためる携帯クッションがあると便利! あと長時間座っているとお尻が痛くなってくるのも防いでくれます(限界はありますが)。パークでも売っていますが1000円前後します。もちは100円ショップで購入しました。

④折りたたみ式ミニイス

こちらも長時間ショー待ちする際はあったほうが楽です。アスファルトに直接座らなくてすみますし、直接地面に座っていてお尻が痛くなってきたら折りたたみイスに座るというような、座る体制を変えれると身体への負担もかるくなります。

こちらも100円ショップで購入しました。

⑤メッシュなど風通しの良い薄手のパーカー

パークを楽しむ際は炎天下の下にいることが多いので、肌を出している方が暑いと感じることもあります。とくに女性は日焼け防止のためにも薄手の羽織ものがあると便利です。

⑥フェイスタオル以上バスタオル未満の大きさのタオル

大きめのタオルは日よけにもなりますし、あるとけっこう重宝します。でもバスタオルは持っていくのが大変ですよね。

そんなときに100円ショップのバスタオル未満の大きさのタオルが便利! 適度な薄さ(笑)で持ち運びにもグッド!(・∀・)

⑦水筒&凍らせたペットボトル

パークでペットボトルのドリンクを買うと210円とお高めです。しかもドリンクを買うのにも並ぶということもあります。

なので、水筒や凍らせたペットボトルがあると良いですね。凍ったペットボトルを首などに当ててほてった身体を冷やすこともできます。ペットボトルによっては冷凍に対応してない容器もあるので、凍らせる際はしっかり確認してから凍らせましょう!

見落としがちな唇の日焼け対策も忘れずに!

⑧そして意外と見落としがちなのが唇の日焼け!

もちは昔、夏にショー待ちしつつアトラクションも周りつつパークを楽しんでいたのですが、次の日になって唇が恐ろしいことに!(;´Д`)

皮は剥けるわ腫れてヒリヒリするわ大変でした。とりあえず唇用のユースキンを塗ったら治りましたが、身を持って唇の日焼け対策の大切さを知りました(^_^;) ドラッグストアに行けばUVカットのリップクリームがあります。

以上の8つのものはあるとけっこう便利なので、夏ディズニーを楽しむ際の参考にしてください(*´∀`*)

スポンサーリンク